1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:19:28.89 ID:0XfLzHlM0
何があった?


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:27:38.16 ID:WsKBMf3h0
下山事件だろ
下山事件(しもやまじけん)とは、
日本が連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪、翌日未明に死体となって発見された事件。
事件発生直後からマスコミでは自殺説・他殺説が入り乱れ、警視庁は公式の捜査結果を発表することなく捜査を打ち切った。下山事件から約1ヵ月の間に国鉄に関連した三鷹事件、松川事件が相次いで発生し、三事件を合わせて「国鉄三大ミステリー事件」と呼ばれる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/下山事件
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:29:39.63 ID:7+8DOtTW0
>>19
戦後史だとダントツでこれだな
三鷹とかでも似た事件起きてるし
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:28:10.23 ID:0XfLzHlM0
>>19
詳しく
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:33:39.80 ID:WsKBMf3h0
>>21
昭和24年
国鉄の下山総裁が行方不明になって
翌日轢断された死体で発見

自殺説
GHQ説
労働者説

どれも決定的な証拠がない


ケネディ暗殺と似た匂いのする事件
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:22:08.59 ID:VtCFSezYi
三鷹事件
三鷹事件(みたかじけん)は、
1949年(昭和24年)7月15日に日本・東京都北多摩郡三鷹町(現・三鷹市)と武蔵野市にまたがる日本国有鉄道中央本線三鷹駅構内で起きた無人列車暴走事件。同時期に起きた下山事件、松川事件と並ぶ国鉄三大ミステリー事件の一つとされる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/三鷹事件
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:17:39.05 ID:Zi94CBWFO
長岡京殺人事件
長岡京殺人事件(ながおかきょうさつじんじけん)とは1979年5月23日に京都府長岡京市で発生した殺人事件。「京都長岡ワラビ採り殺人事件」とも呼ばれる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/長岡京殺人事件
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:21:45.88 ID:zN60gQJv0
卑弥呼の死後100年
8: 霧 ◆/kiri/z5FE :2013/10/11(金) 23:21:45.90 ID:aFqa25YRO
出雲大社
出雲大社(いずもおおやしろ、いずもたいしゃ)は島根県出雲市にある神社である。式内社(名神大)出雲国一宮で、旧社格は官幣大社。現在は神社本庁包括に属する別表神社、宗教法人出雲大社教の宗祠。
http://ja.wikipedia.org/wiki/出雲大社
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:21:35.95 ID:t9gUDQ0p0
平将門の乱の後、京都に持ち帰ったはずの将門の首が武蔵国で見つかったこと
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:23:16.04 ID:0XfLzHlM0
>>6
こわ 信長も首なかったらしいよね 爆死と言われてるけど
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:24:09.96 ID:eU/KZQFA0
西郷隆盛の顔だろ
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:27:13.12 ID:0XfLzHlM0
>>15
本当はやせ形なんだっけ
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:32:12.62 ID:eU/KZQFA0
>>18
小太りだったのは事実だが、顔は肖像画とはだいぶ違うという説もある
一方で、弟の従道なんかはあの肖像画とか銅像にクレームつけてないし、似てないわけではないという説も
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:24:19.01 ID:SseSBjV+0
欠史八代
欠史八代(けっしはちだい、正確な表記は缺史八代)とは、
『古事記』・『日本書紀』において系譜(帝紀)は存在するがその事績(旧辞)が記されない第2代綏靖天皇から第9代開化天皇までの8人の天皇のこと、あるいはその時代を指す。
現代の研究ではこれらの天皇は実在せず後世になって創作された系譜であるとする見解が有力だが、実在説も根強い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/欠史八代
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:24:49.21 ID:0XfLzHlM0
>>16
はじめて聞いた名だ
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:28:25.17 ID:eU/KZQFA0
>>17
知らないのかよ…初期の孝のつく天皇の業績が謎なんだよ
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:32:34.52 ID:0XfLzHlM0
>>22
だから欠史なのか…
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:34:53.68 ID:QNvzNh7s0
最大のミステリーは間違いなく本能寺の変だろうな
本能寺の変(ほんのうじのへん)は、
1582年6月21日(天正10年6月2日)、織田信長の家臣明智光秀が謀反を起こし、京都・本能寺に宿泊していた主君信長と後継者の信忠を襲い、自殺させたクーデターのことである。暗殺事件との解釈もなされる。
光秀が反旗を翻した原因については定かではなく、多くの歴史家が研究しているが、現在でも定説と呼ばれるものは確立されていない。光秀の恨みや野望に端を発するという説、光秀以外の首謀者(黒幕)がいたとする説も多数あり、日本史上の大きな謎の1つである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/本能寺の変
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:37:50.25 ID:jziSza4w0
帰雲城
帰雲城(かえりくもじょう)は、今の岐阜県大野郡白川村保木脇(ほきわき)にあったとされる城である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/帰雲城
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:41:59.94 ID:eU/KZQFA0
>>38
戦国好きにもほとんど知られてないよな
まさか城ごとタイムスリップしたとか
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:42:20.42 ID:0XfLzHlM0
>>38
なにそれ
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:44:02.02 ID:C6KjZETn0
>>48
正月に一族で集まった日に大地震が起こって
城が崩壊、一族全員死亡@飛騨国
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:41:26.91 ID:pZWFZzTU0
本能寺の変の黒幕が秀吉だって説はどの程度有力なの?
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:51:36.39 ID:eU/KZQFA0
>>46
本能寺の黒幕はマジでわからない
黒幕説があるのは、秀吉、家康、朝廷、足利義昭、長宗我部…
黒幕がいなくて光秀の単純な下克上だとする説も有力
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:57:09.88 ID:pZWFZzTU0
>>59
そーなんだー
なんか分かんないけど小学生の時ぐらいから直感的に黒幕は秀吉だって思い続けてるんだよね
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:00:36.50 ID:pqs48M+z0
>>63
秀吉といえば秀頼の身体の大きさ知ってるか?
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:02:29.88 ID:ozbsAaNW0
>>65
知らない
教えろ
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:04:03.83 ID:wzB9+15R0
豊臣秀頼
197センチ167キロ

怪物だろ…
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:05:33.55 ID:/A9IBnGu0
>>69
どこの横綱だよ……
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:08:16.69 ID:iHPUWvY80
>>71
でも頭よくて温厚で優秀な人物だったらしい
身体デカいのは母方の影響
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:07:00.47 ID:ZEd/IHqA0
秀吉はチビで150㎝くらいしかなかったけど淀がデカい170㎝くらいある
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:23:16.06 ID:P5bz0A3w0
信長の部下に黒人の部下が居た

本能寺の変で信長と死に別れてからの消息はわかっていない
弥助(やすけ、生没年不詳)は、安土桃山時代の人物。アフリカ出身の織田信長の家臣。彌介とも。黒人男性で、現在のモザンビーク出身とされる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/弥助
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:25:50.83 ID:n6UucJGO0
>>94
信長が最初墨でも塗ってんじゃないかと疑ってごしごし洗わせたけど黒いままなんで面白がって登用したらしいね
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:36:46.72 ID:UesvrN9x0
よく調べてみると、戊辰戦争には日本のタブーがすべて詰まってる
仙台にも朝廷があったなんてどの教科書にも乗ってないし、ここらへんは全然教えられない

本当は佐幕VS倒幕軍の戦いではなくて、長州藩VS会津・仙台連合軍の戦いであったことも、よく考えれば全然有名でない
戊辰戦争(ぼしんせんそう、慶応4年/明治元年 - 明治2年(1868年 - 1869年))は、
王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦った日本の内戦。名称は慶応4年/明治元年の干支が戊辰であることに由来する。
明治新政府が同戦争に勝利し、国内に他の交戦団体が消滅したことにより、これ以降、同政府が日本を統治する政府として国際的に認められることとなった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/戊辰戦争
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:40:07.34 ID:eU/KZQFA0
>>37
東武皇帝は天皇家の黒歴史だから 本当は佐幕VS倒幕軍の戦いではなくて、長州藩VS会津・仙台連合軍の戦いであったことも、よく考えれば全然有名でない
北白川宮能久親王(きたしらかわのみや よしひさ しんのう、1847年4月1日(弘化4年2月16日) - 1895年(明治28年)10月28日は、幕末・明治時代の皇族、陸軍軍人。
戊辰戦争中の慶応4年(1868年)、彰義隊に擁立された頃、または奥羽越列藩同盟に迎えられた頃、親王は東武皇帝あるいは東武天皇として皇位に推戴されたという説がある。親王に常に従軍していた僧義観の日記からは、四月頃からすでに用語などは天皇扱いであったことが知られ、彰義隊に擁立された頃には践祚したか、少なくともその計画があったことが推測できる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/北白川宮能久親王
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:43:03.54 ID:UesvrN9x0
>>44
それでも幻の仙台朝廷は、とりあえず存在したんだよな。見事なのはそれを隠し通した明治新政府だ

あと、戊辰戦争の発端が長州藩の単なる個人的怨恨だったとかな。会津藩自体が許せなかったのはいくらなんでも節操がなかったね
よく考えりゃ、会津藩をオトすには最初から錦の御旗を掲げりゃよかった。あれはどう考えても近代戦争の予行練習だもんなぁ
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:46:00.11 ID:eU/KZQFA0
>>49
日本史勉強するとわかるが、会津ってどこよりも勤王藩なんだよな
なのに朝敵にされたんだから気の毒だ
長州は一長一短すぎる
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:51:06.75 ID:UesvrN9x0
>>54
当時、日本最強の大名と呼ばれた伊達藩の青葉城よりも、会津の殿様のほうが立派な天守を持ってるしな
なんとも美しい城であった。あんな城を作れる大藩が京都守護職ってのも頷ける

要するに会津攻めは、長州藩の不逞浪士が会津お預かりの新撰組に多数殺されたからだろ?
南部も庄内も伊達も、「会津藩を勘弁してあげてよ」って新政府軍に請願してたのに、それを無下にされたから戦争になったわけだしな
西南戦争なんかモノにならんぐらい戊辰戦争はヤバかった。内乱というより、有力者の個人的怨恨によるただのケンカだもんなぁ
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/11(金) 23:56:11.88 ID:eU/KZQFA0
>>58
なんであそこまで会津を完膚なきまでに攻撃したんだろう
会津って文化水準とか道徳レベルも江戸時代有数の藩だったのに…
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:16:59.32 ID:GVttk4/F0
>>62
革命の可能性は常に弱者を虜にする。よしんばその可能性が大きければ大きいほど
長州はそうだったんだろう、会津が羨ましかったんじゃないのかね
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:25:17.77 ID:GVttk4/F0
あと、戊辰戦争後に薩長がやらかした会津転封は、実はスターリンレベルの被害を出したことね

会津の三十五万石は、戊辰戦争後に下北の辺境に追いやられ、交渉三万石、実質石高ゼロ以下の斗南藩に転封された
スターリンがウクライナ人に対してやらかした飢餓作戦(ホロドモール)とほぼ同じレベルのことを明治新政府もやっている
三十五万石を三万石に減俸ということは、つまりは家臣の十分の一を飢え死にさせろってことだしな。こりゃ立派な虐殺行為だった

福島人はもっともっとこれを主張すべきだった。俺らは政府軍に殺されたのだと言わなかったからフクイチ事故も単なる「運が悪い」だけの事件になてしまった
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:29:58.19 ID:jB8YMvB80
>>97
福島人は維新後は強烈な愛国心を持つようになるんだよね
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:37:08.10 ID:GVttk4/F0
>>101
大政奉還以後のやり取りがまんま土人的だしな


会津藩「将軍が諦めたのだからもう引退します」

長州藩「ふざけんなお前ら絶対ぶっ殺すから覚悟してろ」

会津藩「俺らは佐幕じゃなくて、単に先祖様の言いつけを守って教徒を守護してただけです」

長州藩「知るか。いいか、絶対お前ら殺すからな?」
薩摩藩「長州どんもこう言っておりますので……」

仙台藩「おいおいそりゃひどいんじゃねぇの? 会津藩は仕方なかったんだよ。許してやれよ」
南部藩「同意」
庄内藩「同意」

長州藩「は? 何? 会津をかばうの? 何? 死にたいの? 殺そうか?」

仙台藩「え? 何? 下手に出りゃつけ上がりやがって」
南部藩「おい長州藩いい加減にしろマジで。今ならまだ堪忍してやるから」

長州藩「は? 殺そうか? 上等だ、会津の田舎侍もまとめて全部かかってこいよ」

仙台藩「は? 何言ってんだ殺すぞ? いいのんか? いいのんかコラ?」
奥羽列藩同盟「仙台さんの言うとおり、長州生意気すぎ。仕方ない、こっちも天皇を担いで国家を二分しようぜ」

長州「よっしゃ、お前ら全員賊軍にしてやるわ。薩摩藩、奥州ヘコましてやろうぜ」
薩摩「ゆるしゃったもんせぇ」
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:47:00.05 ID:GVttk4/F0
>>106
一言で言えば、長州藩がたかが私怨の戦いに錦旗の御旗なんか担ぎだしたせいで話が複雑になったな。くだらない戦いに天皇の名前を使ってはいけないのだ
ただただ、会津藩を許してやればそれでよかったじゃないか。いくら京都守護職と言え、元はといえば会津は佐幕派であるとは言いがたいもんねぇ。一言で言えば会津はマジメだったのだ
いくら江戸は無血開城したとはいえ、薩長は血を見たかったのだな。それは革命とか政変の時には仕方ないことだけどさ。それにしても官軍・賊軍の話ではないわな

仙台は仙台でいろいろとライバル的だった会津藩が、ポット出の長州にコマされるのが許せなかっただろうし、南部藩は伊達藩に借りがあったからねぇ
戊辰戦争って実は、日本最大の内乱なのかもしれんよ。西南戦争なんてもののタネにならんぐらいヤバい戦争だったのだと思う。東武朝廷とかもうホントタブーの域だし
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:49:16.92 ID:wzB9+15R0
>>108
お前まさか会津人?
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:54:28.76 ID:GVttk4/F0
>>109
南部人だ。一山百文の南部領民だよ

南部藩の秋田藩討ち入りの陣頭指揮を取った楢山佐渡とか、マジで辞世の句がイカすんだよな
『花は咲く 柳はもゆる 春の夜に うつらぬものは もののふの道』と宣って死んだ。イカすよなぁ
まぁ南部藩の秋田討ち入りなんて戊辰戦争のなくてもよかったオマケレベルの戦争だけどさ
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 00:56:14.80 ID:wzB9+15R0
>>110
南部といえば原敬だな。まさしく一山だ
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 01:01:52.55 ID:GVttk4/F0
>>111
楢山家と原家は、同じく南部藩の家老職の家だったからね。楢山佐渡への処断は原敬も死ぬまで恨んでいたという
原敬は学生時代のアレコレから士族の身分を捨てたけど、心は本当にこの戊辰戦争で止まってたんだろうね

その原敬もテロリストに刺殺されて即死した。夫人は夫の死を知ったその瞬間から、二度と首相官邸に戻らなかったという
北の田舎侍の家系は頑固だよな。「死人になってしまってはもう首相じゃないから」って言い放ったらしいな。会津もこんな感じだったんだろうな
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 01:08:31.20 ID:wzB9+15R0
>>114
会津でいえば柴兄弟なんか明治の武士だね
ちなみに俺の先祖は仙台藩士で会津で大山厳と戦った
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 01:15:42.10 ID:GVttk4/F0
>>117
すげぇなぁ、夢があるなぁ。戊辰戦争ってスター大集結の一時期だからな

宮古湾海戦なんて、世界史上稀に見る敵艦乗っとり作戦だった上に、土方歳三、榎本武揚、まだペーペー時代の東郷平八郎と、
その後の教科書に名前が載ってる奴ばかりが酸化してた戦いだからな。さしずめ日本版の虎牢関の戦いといえるだろう
東郷平八郎も、最初は「トーゴーチャイナ」って馬鹿にされたけど、宮古湾海戦に参加してたのを告白したら一躍有名人になったとか言うし
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 01:19:50.71 ID:1DA+B7SF0
>>120
宮古海戦の頃の東郷の写真見るとかなりイケメンだよな。まだ二十歳そこそこだし
その35年後に日本を守る海戦の指揮とるとかカッコいい
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 01:20:03.80 ID:gecJ2KDk0
>>120
大鳥圭介「俺を忘れて貰っちゃ困るぜ」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/12(土) 01:06:58.50 ID:GVttk4/F0
あともうひとつ戊辰戦争関連で、なんでアレほど佐竹藩が負け続けたのか、って話もある意味ミステリーだな

角間川で負け、湯沢で負け、鹿角口で負け、横手城は落城し、花館で負け、角館でやっとこさ防いだだけ
幕末の逃亡王こと木戸孝允でさえ「役に立たない秋田の鈍兵駄卒」と口汚く罵るぐらい秋田の侍が弱かったのもなんだかなぁと思う
ありゃ本当に新政府軍が来なかったら負けてたろ。抵抗の意思が最初からなかったっぽいけど、それにしてもそれにしてもだ
日本の歴史上に於ける最大のミステリーって何?
引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381501168

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




 コメント一覧 (1)

    • 1. 名前はおしえないよ~
    • 2013年10月14日 01:18
    •  な、なんだってーっ、聖徳太子が実は非実在人物だってーー!。

       (モデルはいるが…)

       

コメントする

名前
 
  絵文字